人を育てることは、
人を信じることから始まる。

日本プロ野球史に残る名選手・名監督として活躍した野村克也さん。他球団で本来の実力を出し切れていない選手を獲得し、次々と返り咲かせた手腕は「野村再生工場」と称された。彼は育成の本質とは「自信を育てること」だと語っていた。背景にあったのは、選手への信頼だ。プロ選手なのだから実力はある。それを監督がまず信じ、ひとりひとり丁寧に言葉をかけることで自信を取り戻せば、自ずと結果は出るという考えだ。人間が人間を育てる。そこにあるべきは上下の関係ではなく、互いに信じ合い、リスペクトし合う関係なのだ。

  • twitter
  • facebook
  • PREV
  • NEXT