NHK 2020応援ソングプロジェクト

<NHK>2020応援ソング「パプリカ」 上白石萌歌さんが歌う!!

2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する<NHK>2020応援ソングプロジェクト。米津玄師さんが作詞・作曲し、5人の子どもユニット「Foorin」が歌う「パプリカ」は、放送やイベントを通じて、子どもたちを中心に大好評をいただいています。

このほど、<NHK>2020応援ソングに新しいバージョンが誕生しました。歌は、ドラマなどで大活躍中の女優・上白石萌歌さん。編曲は、「花は咲く」でおなじみの作曲家・菅野よう子さんです。

パプリカ 上白石萌歌さんバージョン
上白石萌歌さんインタビュー

上白石 萌歌
かみしらいし もか

2000年生まれ、鹿児島県出身。11年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションにて当時史上最年少でグランプリを受賞。12年にTVドラマ「分身」で女優デビュー。近年の出演作に、映画「羊と鋼の森」、「3D彼女 リアルガール」、アニメーション映画「未来のミライ」(声)、TBSドラマ「義母と娘のブルース」などがある。現在、浪漫活劇「るろうに剣心」にヒロイン神谷薫役で出演中。


上白石萌歌さんのメッセージ

このような貴重な機会に、素晴らしい楽曲を歌わせていただきとても光栄です。私は今18歳なので子どもでも大人でもない、その両方のニュアンスを表現したいと思いました。歌いあげるというより、語るように、お芝居をしているように、パプリカの世界観を自分の中で映像化して、皆さまにもその情景が浮かぶようにイメージをしながら歌いました。自分の歌声にのせてレジェンドスケーターの皆さんが滑ってくださる様子はまだ想像できませんが、ファンの皆さんが投稿したお花の画像が、スケートリンクにふわっと広がったら、どんな素敵な世界になるんだろうって、すごく楽しみです。