鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」

2019年9月6日
MGC-鉄道大好きママ-01

東京オリンピックのマラソン日本代表を決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は、オリンピック本番とほぼ同じコースで行われます。ランナーが走るコースを地下鉄で巡りながら、一足早く東京オリンピックの観戦気分を味わってみてはいかがでしょうか。ということで、「鉄道好きタレント」の鈴川絢子さんにおすすめ観戦ルートを教えてもらいました。鈴川さんは2児の母、“ママならでは”の視点も満載です。

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のコース図

【SPOT❶】緊張感を肌で感じる!神宮外苑のスタート

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 明治神宮外苑
明治神宮外苑「いちょう並木」

日本人のみ、男子31人、女子12人の選手が出場する「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」。スタートとゴールは、東京五輪のメイン会場となるオリンピックスタジアムのすぐ近く、明治神宮外苑の「いちょう並木」です。まずはここで、8時50分にスタートする男子の応援から始めましょう。男女とも上位2位に入れば日本代表に内定するだけに、独特の緊張感が伝わってくるはず。大迫傑選手や設楽悠太選手など、注目選手がスタートする瞬間は見逃せません。

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 銀座線「青山一丁目駅」
銀座線「青山一丁目駅」2番出入り口

女子のスタートは男子の20分後、9時10分です。一斉に走り始めるランナーを見送った後は、次の観戦スポットへ移動します。5分ほど歩いて東京メトロ銀座線の青山一丁目駅2番出入り口へ。エレベーターを利用することができますので、ベビーカーでも大丈夫ですよ。ここから銀座線を使って浅草まで移動します。

【SPOT❷】スカイツリーが臨める観光名所・浅草

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 銀座線「浅草駅」
銀座線「浅草駅」1番出入り口

スタート地点から一番遠い場所にある「浅草」です。国内外からの観光客でいつもにぎわっている東京の観光名所のひとつ。ここでは、浅草らしい景色や江戸の風情を楽しみながら観戦できます。エレベーターのある1番出入り口から雷門通りに出ます。商店街のアーケードがあるので、日ざしが強かったり、小雨が降っていたりしても安心ですね。

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 浅草寺 雷門
浅草寺 雷門

浅草のおすすめ観戦ポイントは2か所。1つ目は、浅草の顔、雷門の前。浅草寺の参道の入り口にある雷門は人気の撮影スポットです。マラソン観戦の合間に親子でパチリ!、なんていかがでしょう。きっと記念の1枚になりますよ。

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 浅草
浅草 吾妻橋付近

2つ目は、スカイツリーと金色のオブジェが見えるこの写真の位置。浅草駅を出たら雷門とは反対方向に進み、吾妻橋の近くまで行ったところです。ここでは、スカイツリーをバックにランナーが駆け抜ける姿を見ることができます。浅草は、スタートから15km付近ですから、男子選手が通るのは午前9時35分前後、女子は午前10時過ぎでしょうか。

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 スカイツリー

東京のシンボルタワーをバックに懸命に走る選手の姿はお子さんの記憶にも残るはず。十分に応援したところで、再び銀座線を使って、次は新橋へ移動します。

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のコース図

地下鉄といっても銀座線ばかり使ってない?と疑問を持たれた方にちょっとご説明。実は、今回のマラソンコースと銀座線の路線は、重なる部分が多いんです。それに、銀座線は日本で最初に誕生した地下鉄のため地下の浅い場所を走っていて、駅のホームも地上から比較的近い場所にあります。駅内の移動時間が短縮できて、お子さん連れの移動もラクというわけなんです。

【SPOT❸】新幹線とランナーが交差する・新橋

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 新橋
新橋

さあ、「新橋」に着きましたよ。ここは、新幹線とランナーが交差する鉄道好きにはたまらない場所。4番出入り口のエレベーターから出て交差点付近まで行くと、新幹線を見ながらマラソンを観戦できますよ。

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 銀座線「新橋駅」
銀座線「新橋駅」4番出入り口

新幹線は、かなり頻繁に高架橋を通過するので、ランナーと交差する瞬間が見られるチャンスは多いです。しかも、東京駅に近いため新幹線は比較的ゆっくり走行していて、写真も撮りやすいです。電車好きなお子さんは、きっと喜ぶはずですよ。
ランナーは、新橋を通過しても東京タワー付近で折り返して再び新橋に戻ってくるので、一度シャッターチャンスを逃しても大丈夫。次々に目の前を通り過ぎる男子と女子の両方の選手をじっくり応援してみてはいかがでしょう。

【SPOT❹】感動のシーンを目撃!神宮外苑のゴール

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 銀座線「外苑前駅」
銀座線「外苑前駅」4a出入り口

新橋でしっかり応援したら、銀座線でゴール地点に向かいましょう。スタートとゴールになっている明治神宮外苑の「いちょう並木」は、銀座線の外苑前駅と青山一丁目駅のちょうど真ん中にありますので、どちらの駅を利用しても徒歩で5分程度ですが、ゴール側の沿道から見るならば外苑前駅を利用した方が便利です。
男子のゴール時間は午前11時前後、女子は午前11時30分過ぎでしょうか。新橋駅から外苑前駅までの乗車時間は約10分ですので、ゴールの時間から逆算して新橋駅を出るといいですよ。

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 明治神宮外苑
明治神宮外苑の「いちょう並木」

神宮外苑の付近はオフィスも多く、新橋駅前や浅草とは違った“東京らしさ”がありますよね。青山通りから300m先の聖徳記念絵画館まで続く146本の「いちょう並木」、この場所で東京五輪代表の内定者が決まります。感動のゴールは見逃せません。
せっかくなので、最後は、建設中のオリンピックスタジアム(新国立競技場)に立ち寄ってみるのがおすすめです。

鉄道大好きママ・鈴川絢子の「地下鉄で巡るマラソン観戦ルート」 オリンピックスタジアム(新国立競技場)
オリンピックスタジアム(新国立競技場)

ということで、地下鉄を使えば、お子さん連れでも無理なく臨場感たっぷりのマラソン観戦ができます。東京オリンピックの気分を一足早く家族みんなで楽しんでみませんか。


MGC特設ページへ

MGC特設ページへ】

おすすめの記事