レスリング・登坂絵莉 思い出の味は“えびとアボカドのパスタ”

レスリング 2017年4月18日
登坂絵莉

登坂選手の思い出の味は、大学のレスリング部の寮母さんが作った「えびとアボカドのパスタ」。登坂選手は、仲良しの寮母さんによく「こういう料理を作ってほしい」とリクエストしていたそうで、このメニューも、一緒に外食した時に食べたパスタの味を再現してほしいと寮母さんにお願いして、寮で出してもらうようになりました。

えびとアボカドのパスタ

えびとアボカドのパスタ

<材料>3人分

・パスタ(1.7mm程度)…200g
・アボカド…1個
・ボイルえび(中サイズ)…15匹
・塩…15g(パスタを茹でる際、3Lのお湯に対して。0.5%)
(ガーリック醤油オイル)
・サラダオイル…大さじ2
・醤油…大さじ2
・オニオンパウダー…小さじ1/2
※「オニオン<グラニュール>」or「ローストオニオンパウダー」などでもOK。
・ガーリックパウダー…小さじ1/4
・塩…小さじ1/4
・鶏ガラスープの素(顆粒)…小さじ1/4
・和風だしの素(顆粒)…小さじ1/4
・黒こしょう(あらびき) …小さじ1/4

<作り方>

【1】フライパンにサラダオイル・オニオンパウダー・ガーリックパウダーを入れて、焦げないように弱火で香りを移したら、醤油・塩・鶏ガラスープの素・和風だしの素・黒こしょうを入れてよく混ぜ、火を止めたらガーリック醤油オイルの完成。余熱が取れたら、フライパンに残らぬようゴムベラなどを使い、大き目のボウルに移しておく。
※フライパンで火を通すのが面倒な際は、火にかけず、大き目のボウルでよく混ぜておく。
※ガーリック醤油オイルは、市販の醤油・ブラックペッパーが入ったようなオイルパスタソースで代用してもOK)

【2】鍋に水3L・塩15gを入れて沸かし、パスタを表示時間通りに茹でる。

【3】アボカドに切れ目を入れ、スプーンで中身を出したら、2cm角程度に角切りにし、ガーリック醤油オイルが入ったボウルに移しておく。

【4】パスタの茹で時間、残り1分半の時にボイルえびをパスタの茹で汁に投入し、温めておく。

【5】パスタ・ボイルえびが茹であがったら、ガーリック醤油オイルとアボカドが入ったボウルの中に入れ、トングなどで全体に素早く和えて、皿に盛ったら完成。

おすすめの記事