卓球・水谷隼 思い出の味は“ドイツで人気のカリーブルスト”

卓球 2017年5月9日
水谷隼

水谷選手の思い出の料理は、焼いたソーセージにカレー味のソースをかけた「カリーブルスト」です。ドイツでたいへん人気のファストフードで、水谷選手はデュッセルドルフにいたころ、これが食べたいがために練習をがんばっていたそうです。

カリーブルスト

カリーブルスト

<材料>

・ドイツソーセージ…4本程度(サイズにより適量)
※本格的な、チューリンガー・フランクフルトがおすすめ

カリーブルストソース
・トマトケチャップ…大さじ2
・はちみつ…大さじ2
・オレンジジュース…大さじ1.5
・広島風お好み焼きソース(甘みのあるもの)…大さじ1弱
・カレールーを削ったもの…ふたつまみ
・カレーパウダー…適量(最後のトッピング)
・ガラムマサラ…少々
さらに本格的に似せるなら…
オールスパイス・ローリエパウダー・セージ・クローブ…各少々

<作り方>

【1】フライパンに、“最後のトッピング用のカレーパウダー”以外の材料を入れたら軽く火にかけ、混ぜながら少し煮詰め、余熱をとり、カリーブルストソースを作る。

【2】2種類のドイツソーセージを軽くボイルしてから、グリルパンかフライパンで皮が破けないように焼く。

【3】ドイツソーセージをひと口大に切ったら皿に盛り付け、上記【1】のカリーブルストソースをかけ、最後にトッピングでカレーパウダーをふったら完成。

おすすめの記事