【21】カヌー・スラロームセンター

2021年7月19日
カヌー・スラロームセンター

オリンピック

「カヌー・スラロームセンター」は東京・江戸川区の葛西臨海公園の隣に新設された国内で初めての人工のカヌーコースで、東京オリンピックのカヌースラロームの競技会場です。
コースは全長およそ200メートル、高低差は4.5メートルで、コース内に置かれたブロックが障害物となって、自然の川のような水のうねりや渦を作り出します。
また、選手がカヌーに乗ったままスタート地点に移動できるベルトコンベヤーも設置されています。
東京大会後は国際大会の会場のほか、水上スポーツやラフティングの体験、さらには水難救助訓練などの場として利用されることになっています。

おすすめの記事