野口 啓代

ノグチ アキヨ

野口 啓代
スポーツクライミング
[身長体重]
165cm 52kg
[出身地]
茨城県

競技歴・特徴など

野口啓代選手は、スポーツクライミング界の第一人者。ホールドをつかむ保持力にすぐれ、ゆっくりと安定した動作でボルダリングとリードが得意。2019年までにボルダリングW杯年間総合優勝4回、2018年アジア大会複合で金。初代五輪女王の有力候補。

エピソード

・茨城県龍ケ崎市の実家ではかつて父が牧場を経営。その牧場の牛舎を利用し父がボルダリング用の壁を設置。野口選手は実家に帰ると今でもこの壁でトレーニングする。
・ラッキーアイテムは、赤色のネイル。本人も覚えていないほど何年も前から競技会では必ず赤色のマニキュアを塗る。
・トレードマークは、大会ごとに変わる髪を結うゴム。リボンのついたものや布製のシュシュなど30種類以上を所持。「その時に着るユニフォームの色やデザインに合わせて変えている」とおしゃれへの意識も高い。

スポーツクライミングの注目選手

スポーツクライミングの内定選手