トライアスロン “史上最も都会的なコース”で繰り広げられる鉄人レース

— 競技ガイド —

トライアスロン

7月27日(月)~7月28日(火)、8月1日(土)
お台場海浜公園

水泳・自転車・ランニングを1人でこなすトライアスロン。途中に休憩時間はなく、選手はライバルよりも1秒でも早くゴールするため、シューズを履き替える時間すら惜しみながら3種目に取り組む。戦いの舞台となるお台場海浜公園は、「史上最も都会的なコース」と言われるロケーション。レインボーブリッジや大観覧車などに囲まれたコースは都会的な観光スポットだが、選手たちに風景を楽しむ余裕はない。新種目のリレーは、男女2人ずつが出場。持久戦のイメージが強いトライアスロンだが、リレーは各種目の距離が短く、スタートからゴールまで息もつかせぬレース展開となりそうだ。

【トライアスロンの見どころ】トランジションも勝負のカギに

・過酷な戦いのなかに、選手同士の駆け引きや戦略も
・大逆転劇も!“第4の種目”「トランジション」
・スピード感あふれるレース展開!新種目のリレー

スイム1.5キロ、バイク(自転車ロード)40キロ、ラン10キロを1人で行うトライアスロンは、持久戦のイメージが強いが、実はそれだけでは勝てない。選手により得意種目が違い、バイクでリードしても、ランで順位が入れ替わるなど、過酷な戦いのなかにも、選手同士の駆け引きや戦略が必要となる。また、第4の種目と呼ばれるトランジション(種目間の切り替え)も順位を大きく左右するポイント。選手は1秒でも短縮するため無駄な動きを省き、先に自転車のペダルにシューズを取り付けておき、走りながら履けるようにするなど、さまざまな工夫をこらしている。一方、新種目のリレーは各選手が取り組む距離が個人種目の5分の1程度で、競技時間も約1時間半と短く、スピード感あふれるレース展開が期待される。

【マメ知識】男子2人、女子2人の混合リレー

新種目の混合リレーは、それぞれ個人種目の5分の1程度(スイム2300メートル、バイク 7.4キロ、ラン2キロ)を行い、女子→男子→女子→男子の順でリレー。4人目の選手がゴールしたタイムで順位を競う。

【種目・開催日程】

7月27日(月)~7月28日(火)、8月1日(土)
お台場海浜公園

男子/女子
混合リレー