陸上

過酷なレース 川野 6位入賞 | 男子 50km 競歩 決勝 | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

男子50km競歩には、日本記録保持者の川野将虎選手、2018年アジア大会覇者の勝木隼人選手、同アジア大会4位のベテラン丸尾知司選手らが挑んだ。30km過ぎにダビッド・トマラ選手(ポーランド)が飛び出しそのまま独走。途中棄権が相次ぐ過酷なレースの中、川野は6位入賞。勝木は30位、丸尾は32位でフィニッシュした。2021年8月6日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。