レスリング

屋比久翔平 家族に捧げる銅メダル | 男子グレコローマンスタイル77キロ級 3位決定戦 | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

世界選手権覇者のタマーシュ・レーリンツ選手(ハンガリー)を、2回戦であと一歩まで追い詰めた屋比久翔平選手。レーリンツが決勝に進んだため、3位決定戦で世界ランキング4位のモハンマダリ・ゲラエイ選手(イラン)と対戦した。第1ピリオドではパッシブ(注意)とテイクダウンを受け0-3と追う展開に。続く第2ピリオドでは積極的な攻めで投げが決まって大逆転。最後はテクニカルフォール勝ちを収め、オリンピック初出場で銅メダルを獲得した。インタビューでは「2日後に誕生日を迎える息子の首にかけてあげたい」と語った。2021年8月3日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。