空手

「メダルなしでは帰れない」 荒賀龍太郎 決意の銅メダル | 組手 75キロ超級 準決勝 | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

予選を無敗(不戦勝含む)で準決勝に勝ち上がった荒賀龍太郎選手。荒賀選手は、開始およそ40秒で相手選手に有効を取られ、劣勢に。最後の1秒まで果敢に攻め続けたが、技が決まらず敗退。この種目は3位決定戦がないため、荒賀選手は銅メダル。空手の組手では初のメダル獲得となった。2021年8月7日。

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。