陸上

大迫6位入賞!充実のラストラン | 男子マラソン | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

男子マラソンは30人が途中棄権する厳しいレースとなった。この大会かぎりでの引退を表明している大迫傑選手は、序盤から先頭集団につけていたが、30キロすぎにペースの上がった集団から遅れ、8位に後退。しかしそこから粘りの走りを見せ、36キロすぎに2人を抜き、6位入賞を果たした。金メダルは世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ選手(ケニア)。史上3人目となるオリンピック連覇を果たした。2021年8月8日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。