卓球

水谷が決めた!日本2大会連続のメダル獲得|男子団体|東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

日本は男子団体の3位決定戦で銅メダルを獲得し、卓球競技を締めくくった。丹羽孝希選手と水谷隼選手のペアが出場した第1試合のダブルスで、韓国のペアをゲームカウント3対1で退け勝利。続く第2試合のシングルスでも張本智和選手がエース対決を制した。第3試合を落とし、2対1で迎えた第4戦、水谷選手がシングルスを3-0で制し、セットカウント3-1で日本が勝った。これで卓球の男子団体は2大会連続のメダル獲得となった。2021年8月6日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。