野球

韓国下し 侍ジャパン 25年ぶり決勝へ! | 準決勝 | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

ライバル韓国との準決勝に臨んだ日本。3回、坂本勇人選手の犠牲フライで先制。5回にも吉田正尚選手のタイムリーヒットで追加点を挙げるが、6回、2点を返され同点に追いつかれる。8回、2アウト満塁で山田哲人選手の3点タイムリーツーベースヒットで勝ち越し。5対2で勝って決勝に進んだ。決勝進出は、1996年アトランタ大会以来25年ぶり。決勝は8月7日午後7時。2021年8月4日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。