バドミントン

渡辺・東野ペア “あうんの呼吸”で日本初のベスト4進出 | 混合ダブルス | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

中学時代からコンビを組むバドミントン混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗ペア。世界ランク5位のペアが準々決勝に挑んだ。対するタイのペアは、世界ランク2位。1ゲーム目、15-21で先取される。しかし2ゲーム目は果敢に攻め、21-16で奪取。最終の第3ゲーム、序盤は一進一退だったが、最後は長年のコンビネーションで相手ペアを圧倒し、21-14で勝利。この種目で日本初のベスト4進出を果たした。2021/07/28

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。