野球

稲葉篤紀監督の意気込み「目指すは金メダル」| 東京オリンピック

ハイライト

13年ぶりにオリンピックの正式競技となった野球。侍ジャパンを率いるのは稲葉篤紀監督。目指すのは「金メダル」のみ。監督として「全ての責任を負う」という強い信念は、4年をかけて接し、話し合ってきた選手たちへの信頼をうかがわせる。万全の準備を整え選手たちをフィールドへ送り出す。

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。