バドミントン

常山幹太選手の意気込み 皆を勇気づける金メダルを!| 東京オリンピック

ハイライト

「こういう世の中なので、いろんな人を元気づける、勇気づけるプレーがしたい」と語る常山幹太選手は、巧みなショット技術と鋭いクロススマッシュが持ち味だ。2018年世界選手権で8強。2019年の国際大会ではリオ大会金メダルの中国選手を破る金星。2020年全日本総合決勝で王者の桃田選手から第1ゲームを先取する健闘で準優勝。世界ランキングで日本勢2番手の13位で初の五輪代表となった。

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。