ボクシング

田中 亮明 初の五輪でフライ級61年ぶりの銅メダル獲得! | 男子 フライ級 | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

地元・岐阜県で高校教師をしながらアマチュアとして競技を続け、27歳で初めてのオリンピック出場を果たした田中 亮明選手。3位決定戦のないボクシングでは準決勝進出時点で銅メダル獲得が決まっていたが、フライ級初の決勝進出を目指して、フィリピンのカルロ・パアラム選手と対戦した。結果、判定で敗れたが、フライ級の日本選手としては、1960年のローマ大会以来となる銅メダルに輝いた。2021/8/5

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。