自転車

高速走行の選手交代が勝利のカギ!新種目マディソン | 女子マディソン決勝 | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

前後に2人が並んで自転車をこぎ、走行中に自由に選手交代しながら30キロを走る女子マディソンの決勝。10周ごとに設定されたポイント周回の通過順、またはメイン集団から抜けだし1周差をつけるとポイントが与えられ、最多ポイントを獲得したチームが勝者となる。日本からは2018年のアジア選手権を制した中村妃智選手が、複合種目オムニアムでワールドカップ優勝経験もある梶原悠未選手とペアを組んで出場。レースはイギリスが序盤から圧巻の走りを見せ優勝。日本は周回遅れで途中棄権となった。2021年8月6日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。