体操

村上茉愛 悲願の銅メダル  |  女子種目別ゆか 決勝  |  東京オリンピック  

ハイライト2分でわかる

2017年世界選手権・種目別ゆかの覇者・村上茉愛選手が、上位8人で争う決勝に挑んだ。冒頭の大技、H難度の「シリバス」を見事に決め、その後も安定した演技を見せた村上は、演技終了時点で3位タイ。続く2人の選手が村上の点数を下回り、銅メダルが確定。女子体操のメダルは1964年東京大会団体以来57年ぶり、女子個人種目としては初のメダルとなった。2021年8月2日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。