レスリング

川井友香子 「姉につなげたい」 初出場で金メダル  |  女子62キロ級 決勝  |  東京オリンピック 

ハイライト2分でわかる

準決勝で強敵タイベ ムスタファ・ユセイン選手(ブルガリア)を破った川井友香子選手が決勝の舞台に立った。相手は2019年世界選手権の覇者アイスルー・ティニベコワ選手(キルギス)。第1ピリオドは2-1とリードして第2ピリオド、川井選手は一瞬の隙をついて相手のバックを取りポイントを重ね、相手の厳しい反撃もしのいで4-3で勝ち、オリンピック初出場で金メダルを獲得した。姉の川井梨紗子選手は、57キロ級で5日の決勝に、姉妹での金メダルに挑む。2021年8月4日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。