【7/31ハイライト】9日目はアーチェリーで銅メダル、柔道混合団体は銀メダル | 東京オリンピック

ハイライト1日まとめ

大会9日目、31日のハイライト。アーチェリー男子個人で古川高晴選手が銅メダルを獲得。柔道の新種目、混合団体は強敵フランスとの決勝で敗れ、惜しくも銀メダル。陸上男子100メートルでファイナリストを目指した日本の3選手は予選突破ならず。男子走り幅跳びは橋岡優輝選手が日本選手として37年ぶりの決勝進出。ボクシング女子フェザー級の準決勝で入江聖奈選手は、イギリスの選手に判定勝ちし、銀メダル以上を確定させた。サッカー男子はPK戦の末、ニュージーランドを下し、準決勝進出を決めた。2021/07/31。

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。