アーチェリー

早川漣選手の意気込み「みんなで元気よく、楽しく、そして結果も」| 東京オリンピック

ハイライト

早川漣選手は、2012年のロンドン大会で日本女子アーチェリー史上初めてのメダルとなる女子団体の銅メダルを獲得。その後2015年に引退するも、翌年復帰。コロナ禍の中での大会、「少しでも明るい話題を届けられたら」と語る。

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。