柔道

ウルフ アロン金メダル!延長戦で1本勝ち!| 男子100キロ級 | 東京オリンピック

ハイライト2分でわかる

韓国の実力者、チョ・グハム選手との対戦となった決勝。準決勝まで延長なしで勝ち上がってきたウルフ アロン選手だったが、今大会初の延長戦に持ち込まれる。5分を超える延長の間も、攻めの姿勢を崩さず、大内刈りで1本勝ち。この階級では、柔道男子代表の井上康生監督が、21年前につかんだシドニー大会以来となる金メダルを日本にもたらした。

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。