競技から選択

ハンドボール

ハンドボール

ヨーロッパが発祥の球技。前後半各30分で得点を競う。コートでプレーできるのは7人ずつ、選手の交代はいつでもくり返し可能。醍醐味は攻守の切り替えの速さと、ジャンプして全身のバネを使ってのシュート。至近距離からのシュートをブロックするゴールキーパーの役割も大きい。1936年ベルリン大会と1972年ミュンヘン大会以降すべての大会で実施。女子は1976年モントリオール大会から。

競技ガイド

ハンドボール 目にも止まらぬパス回し!多彩な個人技とチームプレーでゴールを狙う

ハンドボールは6人のコートプレーヤーが40メートル×20メートルのコートを自在に動き回り、相手ゴールへボールを投げ入れる球技。その最大の魅力はスピード感だ。男子で外周58~60センチ、女子で54~56センチのボールを手で扱うが、手のひらには粘着性のある松ヤニや両面テープの使用が認められており、片手だけでも素早いパス回しができる。そのため、攻撃側は観客がボールを見失うほどのスピードで、選手やポジションを自由に入れ替えながら小刻みにパスを繰り返し、相手ゴールを狙う。試合時間は前後半各30分。終了時点で得点数の多いチームが勝者となる。