競技から選択

柔道

柔道

日本発祥の競技。オリンピックでは1964年の東京大会で男子が正式競技に採用され、国際化が進んだ。女子の採用は1992年バルセロナ大会から。試合時間は男女とも4分間。優劣をつける技の判定は「一本」「技あり」だけ。組み手争いと技の切れが醍醐味。投技、寝技、絞め技、関節技など多彩。東京大会では男女それぞれ7階級に加え、新種目として男女それぞれ3人、計6人による混合団体が行われる。お家芸として日本のメダル量産に期待。

特集記事

代表選考の流れ

内定は、ことし11月から来年4月まで3段階で決まります。まず8月に開幕する世界選手権で金メダルを獲得し、11月の「グランドスラム大阪」で優勝した選手は、直後に開かれる全柔連の強化委員会で出席者の3分の2以上の賛成を得た場合に内定します。次に、ことし12月の「マスターズ中国」、来年2月の「グランドスラムパリ」と「グランドスラムデュッセルドルフ(ドイツ)」の合わせて3つの国際大会が終わった時点で強化委員会を開催し、この強化委員会で3分の2以上の賛成を得た選手が内定します。ここまでに代表が内定していない階級については、2020年4月の「全日本選抜体重別選手権」の結果を踏まえて、強化委員会で判断されます。