競技から選択

新体操

新体操

女子だけの種目で、個人総合は1984年ロサンゼルス大会から、団体は1996年アトランタ大会から実施。さまざまな手具を使いながら音楽に合わせてリズミカルに演技し、卓越した技術と美しさや芸術性を競う。オリンピックではフープ・ボール・クラブ・リボンの演技を1人の選手が行うのが個人。団体は1チーム5人の選手によって2種目が行われる。躍動感あふれる演技に組み込まれた独創的な大技や手具さばきが見どころ。

代表選考の流れ

団体は、定期的に行っているトライアウトで選手選考をしていて、来年2月~4月の選考会で決定される見通しです。個人の代表については、ことし9月の世界選手権個人総合決勝で上位16選手に与えられる東京オリンピックの出場権を2枠獲得できた場合、その日本選手2人のうち、上位の選手が代表に内定します。