競技から選択

ボート

オリンピック ボート

欧米で人気があり、オリンピック競技の中で陸上、水泳に次ぐ多数の選手が出場する。直線2000mのコースでオールを使ってボートを漕ぎ順位を競う。1900年第2回パリ大会から実施、女子は1976年モントリオール大会から。東京大会は男女の種目数が同じ7種目ずつ行われる。漕ぎ手の人数で分けると1人、2人、4人、8人の種目がある。2人以上の種目では息をぴったり合わせたチームワークが重要、どこでスパートをかけるかも見どころ。

代表選考の流れ

世界選手権で上位7位に入れば出場権を獲得します。しかし出場権を獲得したクルーを内定するわけではなく、出場権を獲得した場合は、2020本番ギリギリまで最適なクルー編成を考えて選考を行うとしています。

一方、世界選手権で出場権を獲得できなければ、2020年4月のアジア・オセアニア大陸予選に五輪に出す予定のクルーを出場させ、ここで上位3位に入って出場権を獲得した場合は、そのクルーが代表に内定します。

そこで確定しなければ、2020年5月の世界最終予選で上位2位に入って出場権を獲得したクルーが内定します。

男女シングルスカルあわせて2クルーに開催国枠が割り当てられているため、上記の条件を満たさない場合は、世界最終予選終了後3週間以内に代表決定レースを実施して決めます。