競技から選択

競泳

競泳

自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの4つの泳法でタイムを競う。東京大会から男子800m自由形、女子1500m自由形、混合400mメドレーリレーの3種目が新たに追加。1つの泳ぎだけでなく複数の種目を泳ぐ選手も増えている。水の抵抗を減らし推進力をつけることを追求、世界新記録がいくつ誕生するか注目。2008年北京大会から正式種目の10kmオープンウオータースイミングは海や川などで行われる2時間に及ぶ耐久レース。

代表選考の流れ

<競泳>

ことし7月の世界選手権で個人種目の金メダルを獲得するとまず代表に内定します。
そのほかは来年の日本選手権で代表選考が行われる見通しです。

<オープンウオータースイミング>

ことし7月の世界選手権で男女とも10キロで10位以内に入れば代表に内定します。(男女それぞれ上位2名まで)そのほか、世界選手権以降の国際大会などの成績に応じて決まります。

競技ガイド

競泳 スイマーたちが限界に挑む、100分の1秒の戦い

「速く泳ぐ」というシンプルな競技ながら、これまで数々のドラマを生んできた人気競技。新しく整備される東京アクアティクスセンターを中心に、計35種目が行われる。なかでも注目は新種目の1つである混合400mメドレーリレー。男女が泳ぐ順番を自由に決められるため、展開が全く予想できないレースになりそうだ。一方、海を泳ぐオープンウオータースイミングは、ほかの選手はもちろん、風や波などの自然環境とも闘う過酷な競技だ。いつもは多くの観光客が訪れるお台場海浜公園に面した穏やかな海が、この日だけは戦いの舞台に変貌する。