競技から選択

テニス

テニス

1920年に日本がオリンピックで初めてメダルを獲得した競技。第1回の1896年アテネ大会から正式競技だったが、その後プロ選手が登場し、アマチュアリズム重視のオリンピックから除外された。その後プロ解禁の流れで1988年ソウル大会で復活した。男女それぞれシングルスとダブルスがあり、2012年ロンドン大会からは男女ペアによるミックスダブルスが追加。ミックスダブルスでは同じ国のスター選手によるペアリングが楽しみ。

代表選考の流れ

2020年6月8日の段階で世界ランキング男女シングルス上位56人から1か国最大各4人が枠を獲得します。男女ダブルスは上位10組が枠を獲得します。ミックスダブルス上位15組が枠を獲得します。

2020年の大会間近に、「出場枠を得られなった過去五輪の金メダリスト、過去四大大会優勝者」は男女シングルス1人ずつ枠を獲得できます。

上記出場条件を満たさなかった場合、日本は開催国枠で5種目8人の枠が担保されます。