競技から選択

水球

水球

プールに作られたコート内でボールをゴールに投げ入れ得点を競う水泳唯一の球技。1チームはゴールキーパー含め7人。1ピリオド8分の4ピリオド制。試合中は選手はプールの底に足をつけずにプレーする。ボールを持っている選手に対して時には激しいコンタクトが可能であるなど激しいプレーが多く、水中の格闘技ともいわれるゆえんである。男子は1900年パリ大会から、女子は2000年シドニー大会から実施。

競技ガイド

水球 華麗なパスワークから目が離せない!水中の格闘技

水球は、その激しさから「水中の格闘技」とも呼ばれるタフな競技。水深2メートル以上のプールに設けた縦30メートル×横20メートルのコートで、1チーム7人で得点を競う。「水中の格闘技」と呼ばれる理由は、ボールを持っている選手にコンタクトしてもファウルにならないというルールにある。水面下で「ひじ打ち」や「蹴り合い」があるなかで、選手は底に足をつけずに8分間×4ピリオドもの間、泳ぎ続けるのだ。そして、ボールを奪ったら一転して、華麗なパスワークでゴールを狙うスピーディな展開に注目。