聖火ランナー

西山 早苗 さん

Sanae Nishiyama
走る日時
5月19日(水)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

現在私は63才の会社役員です。息子2人を育てる中でPTA本部役員となり、その後小学校の学校支援ボランティアの一員として今年28年目を迎えました。沢山の仲間たちと子どものすこやかな成長を見守り、学校・保護者・地域と関わりをもちながら日々活動をしています。他にも学区愛育委員会副会長として16年(4月に岡山市から表彰を受けました)、ボランティア活動から生まれたうらじゃ連「芳泉魂」の代表もしており、芳泉小学校の子どもたちと岡山の街を盛りあげる活動をしています。私は5年前に乳がんを患いリンパにも転移していたので手術・治療をしました。現在も転移・再発をふせぐ為薬を飲み続けています。多少の副作用と向き合っています。3年前、阿波おどりの連が岡山にあることを知り、踊ることが大好きな私は仲間に入れてもらい毎年徳島に行っています。今年も徳島で晴れの国岡山・桃太郎のまち岡山をPRしながら踊ります。この他にも障害者支援施設で毎月1回踊りの指導に行っています。今回聖火ランナーに応募したのは長年にかけてボランティア活動で知りあった多くの人たちに感謝の気持ちを伝えたい、その人たちから生きるパワーをもらっていることに感謝しながら聖火を次に渡したい、という気持ちから応募しました。
(2020年用に書かれた文章です。)
延期を知った時は正直愕然としましたが 安全に開催されることを考えると当然の判断だと思いました。聖火ランナーに選んでいただいた事の喜びが更に1年楽しめて その日までワクワクする気持ちが増すと考えたら とても嬉しい日々を送ることが出来ています。コロナ禍にあっても自分なりに対策を取りながら 走れるその日に向けて体力作りに励んでいます。
(2021年用に書かれた文章です。)