聖火ランナー

白石 武之 さん

Takeyuki Shiraishi
走る日時
5月2日(日)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

私の経営する会社は1952年に建築資材販売会社として創業し、約半世紀の年月を経て、現在はエネルギー、不動産、リゾートホテル、情報サービスといった事業を中心に沖縄県の産業を支えるべく、社業を営んでおります。昨今の日本は急激な人口減少、高齢化社会の深刻化、広がる地域間の経済格差等、様々な問題が顕在化しております。 私はこの厳しい環境をチャンスととらえ、「お客様第一主義」の理念のもと、沖縄がもつ地理的、歴史的な利点を活かしながら、一つ一つの活動が地域の発展につながるよう努力していきたいと考えています。 私自身東京2020大会終了後も、「県内のみならず国内のお客様に選択されるサービスを提供する」ことを目指し、時代にマッチした様々なサービスの提供を通じて、沖縄県の発展に貢献していきたいとの思いから、この度オリンピック聖火ランナーに応募しました。
(2020年用に書かれた文章です。)