聖火ランナー

髙橋 優花 さん

Yuka Takahashi
走る日時
6月28日(月)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

神奈川県で生まれ育ち、過去神奈川県公立中学校教諭として職務にあたり、現在は伊勢原市で2人の男児の子育てをしています。子供達に母として頑張る姿を見せたい。希望と夢を与えたい。また、神奈川県央を中心に活動する子育てママ音楽家グループPiccoliniの代表として、音楽を通して、0歳~大人まで、障がいをお持ちの方も分け隔てなく全ての方にご家族で楽しんでいただけるようなコンサートを行っています。子育て支援センターや保育園幼稚園中学校などで演奏し、豊かな感性の育成をしています。伊勢原市音楽家協会理事として、市民音楽会の企画運営、車椅子ご利用の方,障がい者,0歳からのお子様など普段なかなかコンサートに出かけることが難しい方々も気軽に楽しんでいただけるアットホームな自主コンサートの企画運営出演、子育てサロンでのボランティア演奏など、地元伊勢原市の音楽文化発展のために精力的に活動しています。
(2020年用に書かれた文章です。)
1年前、まさか私が選ばれるなんてと周りも自身も驚いていました。写真を準備し、市のイベントの打ち合わせをしようという矢先に、延期が決まりました。私なんかよりも、選手やスタッフの皆様の方がよっぽどショックだろうと思いつつ、私も少なからず落胆してしまいました。 コロナ禍であまり外出もせず、運動のモティベーションも上がらず、トレーニングをさぼってしまっておりましたが、再びお話をいただけたことで、また頑張ろうという気持ちになりました。 未来の子供達のため、地元の発展のため、音楽文化を守るため、私は走ります。 聖火リレーが平和と希望の象徴となりますように。
(2021年用に書かれた文章です。)