聖火ランナー

坂本 茂樹 さん

Shigeki Sakamoto
走る日時
5月20日(木)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

中学1年生から今日までの半世紀、継続してサッカーに取り組んでいます。高校3年生の時には国体の県選抜に選ばれ、社会人になってからもクラブチームの一員として活動を続けています。最近も中四国と近畿15チームが参加したシニア親善大会に出場しました。また、選手としてだけでなく、指導者としても地元のスポーツ振興に携わっております。25年前には、仲間たちと新庄FC少年サッカークラブを設立して監督を務めたほか、現在もコーチとして運営を支えています。冬には小中学生にスキーを教えています。56年ぶりに東京でオリンピックが開催されることになり、大会の成功に向けて何か貢献したいと思い応募しました。満61歳となりましたが、いつまでもスポーツに挑み続け、その楽しさや価値を多くの人と分かち合いたい、生涯スポーツを自ら実践することで多くの仲間を増やしていきたいと思っています。その確かな決意を胸に聖火をつなぎます。
(2020年用に書かれた文章です。)
コロナ禍感染で致し方ないとは思います。しかし、将来の子ども達のためにスポーツを通じて是非「夢と希望、そして明るく元気な日本国」の進展を目指して開催していただきたいと存じ上げます。この一年間、自分なりに前向きにウォーキング、ジョギング、サッカー練習や大会参加、スキーなどで体力づくりに努めています。関係者の皆様ご苦労とは存じますが、よろしくお願い申し上げます。
(2021年用に書かれた文章です。)