聖火ランナー

劉 醒予 さん

Xingyu Liu
走る日時
7月18日(日)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

私は聖火ランナーとして、日中友好の草の根活動を元気付けたいです。私は日本生まれの中国人です。中国人の両親に連れられ、0歳から北区日中友好協会に参加。幼少期は毎年日中友好バス旅行に家族で参加し、日本語が不自由な父親の代わりに自己紹介や通訳をしていました。大人が喜んでくれるのを見て、小さいながらも日中の架け橋になった気になって毎年楽しみにしていました。10歳の頃に家族で中国へ帰国。中国では万博で日本語を活かしボランティアをしたり、クラスメイトに日本語を教えたりして細やかながらも日本の良さを発信。9年後日本の大学へ進学しました。しかし、北区日中の会員は高齢化により会員が減少。近年は思い出のバス旅行も、応募が最少催行人数に至らず開催ならず。こんな状況を打開したく、日中親善友好美人大使コンテストに参加しファイナリストに選出。聖火ランナーを機に草の根の活動を鼓舞させたい、その一心で応募しました。
(2020年用に書かれた文章です。)
2020年の目標は、無事聖火リレーを終えること!と意気込んでいた中のコロナ禍でした。そして、志村けんさんがコロナでお亡くなりになったことを知り、本当なら志村けんさんが繋いだ聖火を繋いでいけていたと思うと、とても悔しい気持ちでした。他にも今年なら参加出来ていた方が様々な理由で参加出来なくなってしまったかと思います。ただ、私個人としては幸い心身共に元気なことに感謝しながら、2021年に聖火ランナーを引き続き務めさせていただけるこの機会、無駄にせぬよう頑張ります。こんな世の中だからこそ、聖火で世界を元気にしたいです。
(2021年用に書かれた文章です。)