聖火ランナー

菅原 進 さん

Susumu Sugawara
走る場所
海の市前バス停前
走る日時
6月19日(土)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

私は気仙沼市の離島の大島に在住しており、震災前も臨時船「ひまわり」を運行しておりました。  あの地震が発生した時、津波が来ると思い、船の沖出しをして、がれき等を避けながら 何とか船を守ることができました。  津波により、島民の足であるフェリーが運航不能になったため、2日後の13日からひま わりの運航を始めました。大島に渡りたい人や荷物を載せて、多い時には、1日6往復した 日もあります。被災した人たちのために自分にできることは何でもやってやろうという気 持でした。  その後、定期船も復活し、今年4月にはおかげさまで念願の大島大橋もかかりました。 世界中からの支援を受けて復興は一歩一歩ゆっくりですが進んでいます。  復興の状況を世界へ向けて発信したい。また、世界中からいただいた支援への感謝の気 持ちを伝えたいと思い聖火ランナーに応募します。
(2020年用に書かれた文章です。)
1年延期となり、聖火リレーに出場するまで自分の体力が衰えない状態でいられるかどうか不安もあったけれど、聖火リレーに出場するまで体力維持を心がけてきました。来年6月に向けて、全世界の新型コロナウィルスが収まるよう願いながら、明るいオリンピックの幕明けとなるように一緒懸命走りたいと思っています。
(2021年用に書かれた文章です。)