聖火ランナー

増田 明美 さん

Akemi Masuda
走る日時
7月1日(木)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

私は自然豊かな千葉県いすみ市が生んだ産物です。陸上競技の名門成田高校へ進み、恩師に恵まれて高校時代にはトラック・ロード全ての長距離種目で日本記録を塗り替えて天才少女なんて言われましたよ。でも20歳で出場した1984年のロサンゼルス五輪はプレッシャーに負けて途中棄権。人生でどん底を味わいましたが、人の優しさを学んだ時間でもありました。引退後はスポーツジャーナリストとして執筆やマラソン解説、大阪芸術大学で教えてもいます。遠い目標に向かってがんばっている選手に接していると、私も人生の長距離ランナーとして挑戦を続けようと勇気を貰えますね。お陰で、ドラマの語りやラジオのパーソナリティ、国際NGOの活動もしながら、人生は止まることなく走り続けています。 スポーツは社会を変える力がありますね。聖火ランナーとしてオリンピック・パラリンピックに関わることで、その価値を発信したいと思います。そして、里山と田んぼ、海の幸も豊富な故郷・いすみ市から2020年東京オリンピック・パラリンピックを元気いっぱい応援します。
(2020年用に書かれた文章です。)