聖火ランナー

新井 俊一 さん

Shunichi Arai
走る場所
日光東照宮陽明門前
走る日時
3月29日(月)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

1964年東京オリンピック。青年だった私は大声をあげながら夢中になってテレビ観戦したものです。そんな私がまさか70歳を超えて56年ぶりに開催される東京オリンピックの聖火ランナーに応募できる機会がくるとは思いませんでした。タイムスリップして青年だった私に教えてあげたら、きっと喜ぶことでしょう。私は長い間、旅館経営者として、栃木県観光物産協会会長として、その他にも色々な形で栃木県の観光に従事してきました。ですから、これからの栃木県の観光の更なる発展、ひいては日本という国の素晴らしさを全世界の人々にもっと知っていただきたいという思いを抱きながら聖火ランナーとして全力で走行したいと思います。
(2020年用に書かれた文章です。)
コロナ禍の中どうなるかと思っていましたが、一生に一度の事と思い精いっぱい楽しみながら走らせていただきます。
(2021年用に書かれた文章です。)