聖火ランナー

西本 由美子 さん

Yumiko Nishimoto
走る場所
福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校正門
走る日時
3月25日(木)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

福島県双葉郡広野町のNPO法人ハッピーロードネットの理事長で、聖火リレーの出発地・Jヴィレッジや、周辺の国道6号線沿いでの桜の植樹や清掃が主な活動。桜の植樹は、福島復興の象徴を目指し、6号の県内区間163キロメートルに約2万本を植樹し「世界一の桜並木」をつくる計画。きっかけは、活動を通じて知り合った高校生の「地域が美しくなれば企業が進出し、地元で就職できる」との一言。その高校生は津波で命を奪われたが、遺志を継ぎ定期的に植樹を続けている。歌手の小田和正さんらも参加するなど、県外にも支援の輪が広がっている。清掃活動には毎回、千人を超える住民が参加する一大行事となっている。  復興を担う人材育成にも力を注ぐ。今夏には廃炉の先進事例を学ぶため、県内の高校生を英国に派遣。授業では学べない知識を身に付けてもらおうと、高校生を対象に地域の課題に向き合うセミナーも開催している。
(2020年用に書かれた文章です。)