聖火ランナー

金内 一晶 さん

Kazuaki Kaneuchi
走る場所
電気工事会社駐車場前
走る日時
6月4日(金)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

学生時代の2014年から2016年までゼミ活動の一環として新潟県が当時主催していた「大学生の力を活かした集落活性化事業」に参加して、粟島浦村を定期的に訪問しました。訪問時の具体的な活動内容としては、粟島浦村の伝承遊びを地域の小中学生や村に移住してきた夫婦と一緒に楽しみ、その中で「世代間交流の活性化」を目指した取り組みを続けてきました。社会人になった現在でも粟島浦村に足を運び、夫婦の間に生まれた子どもに村の伝承遊びの道具を作ってプレゼントしました。その他にも村の食材を使った粟島ラーメンを食べたり乗馬体験をしたりすることで粟島浦村に少しでもお金を落とすようにして村の活性化に繋がることを進んで行ってきました。また、荒天予報で今年は中止になった「粟島クリーンアップ作戦」に来年は参加して、粟島浦村の住民や粟島浦村のために集まった有志の方々と交流を深め、さらに活動の幅を広げていきたいです。
(2020年用に書かれた文章です。)
聖火リレーが延期されると知った時は非常にショックを受けながらも、未知のウイルスが原因であることから仕方ないと思う気持ちもありました。自粛期間中は家で過ごすことが多くなりましたが、その中でも一生に一度の聖火リレーへの想いを失うことはありませんでした。私は車関係の仕事をしていて、新潟県の冬場は交通事故が多くなって大変ですが、「この冬を乗り越えた先に聖火リレーがある」という想いを持ちながら日々奮闘しています。聖火ランナーとして走れる日を楽しみにしています。
(2021年用に書かれた文章です。)