聖火ランナー

嶋津 眞由美 さん

Mayumi Shimazu
走る場所
外科病院前
走る日時
5月10日(月)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

「人は支え合って生きていく」ということを阪神淡路大震災のボランティア活動の中で学ばせていただきました。 この未曾有の大災害の経験を自分の住む佐賀でもしもの時にどのように命を守ればよいか伝えていかなければならないと、私のボランティア活動はここから続いていくことになります。  夫が亡くなり31年、我が子の健康的な成長を願い、地域の係やPTA活動をさせていただきました。そうした中、佐賀市観光ボランティアガイドの募集を知り、地域活動をしたいと考えるようになりました。佐賀の歴史を学ぶたびに佐賀の素晴らしさを皆様に知っていただきたいと活動を始めて16年になりました。インバウンドで佐賀へも外国からお客様が増えています。外国語の対応では、自分に出来る方法でおもてなしをさせていただいております。長閑な佐賀の良さを伝えながら地域の発展と安全そして世界の平和を願い笑顔と共に走らせていただきたいと考えます。
(2020年用に書かれた文章です。)
健康であることがいちばんではありますが、オリンピックが開催されることを願い心の中で念じている日々でした。形が変わっても日本から平和であることの大切さを発信できたらと思います。ひとりひとりの支えがあればきっと大丈夫。みんなで乗り越えましょう!
(2021年用に書かれた文章です。)