聖火ランナー

野口 敬志 さん

Takashi Noguchi
走る場所
宮城県総合運動公園内(1)
走る日時
6月20日(日)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

空調用機器の設計・開発・製造・販売業の会社を経営しております。地域内外の取引実態や雇用・売上高の大きさから地域経済への影響力が大きく成長性が見込まれる企業として、経済産業省より「地域未来牽引企業」に選出された実績や、全国産業安全衛生大会でも「災害ゼロ」」を目指した取り組みが高く評価され会長賞を受賞したことなどは、東北の発展に寄与したいという日々意識している思いが認められたものと自負しております。今回の応募にあたり、次世代の子どもたちに対して自分を信じて突き進んでほしいということや、震災で志半ばに亡くなった友達の想いを未来に届けていきたいという思いで走りたいと思い、応募いたしました。 被災地である宮城県から支援をくださった全世界の人に復興を果たせて東北人の底力を是非見ていただきたいという想いで走りたい。震災で志半ばで亡くなった友達に「天国からこの聖火がみえるか!?これが2020東京五輪の聖火だ」という想いを伝えたい。亡き友の子供たち、次世代を築いていく同じ境遇の子供たちに自分を信じて突き進む勇気をもって人生を生き抜いてほしい。
(2020年用に書かれた文章です。)
コロナ渦での延期にとても残念に感じましたが、必ず翌年には開催できると信じて過ごしてきました。 震災から10年がたち天国にいる友人に聖火の灯が届くように走りぬきたいと思います。 「歩、見えるか!これが東京五輪の聖火だ」!!
(2021年用に書かれた文章です。)