聖火ランナー

中川 星来 さん

Seira Nakagawa
走る場所
郵便局前交差点
走る日時
5月10日(月)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

私は姉妹でBMX(flatland)をやっています。妹の方です。ガールズライダーは珍しく、また姉妹でやっているということもあり、希少かと思います。大会出場はもちろんのこと、佐賀でのイベントやお祭りではチームDIG-ITメンバーとして、成人男性らに混ざりショーに出演させていただいています。2020年からBMXも競技種目に加わり、ますます今後が楽しみです。しかし、BMXの認知もまだ低く、これを機に沢山の方の目に留まり、また同年代の子供達への光となればと思いました。また、地元佐賀はたくさん土地はあるものの認知がないことや理解を得られないことにより練習場所がなかなかなかったり、若者が少なかったりしますが、県としてはオリンピック選手育成に力を入れたり、スポーツに力を入れているとのことでした。これを機に佐賀県へアピールするきっかけとなればとも思います。最年少ランナーとして頑張ります。
(2020年用に書かれた文章です。)
2020年、全世界が新型コロナウイルスの脅威により世の中が一変しました。待望のオリンピックが延期となり、選手はじめ沢山の関係者も肩を落とされてしまったことと思います。聖火スタートも数日後に控えていましたが、一緒に駆け抜ける予定であったランナーの皆さんもまた悔しい気持ちであったと思います。2019年12月に私が正式に聖火ランナーに選ばれて、周りの家族や友人が喜んで下さいました。間もなくして、曽祖母の余命宣告がされました。半年の余命でしょうとのことで、どうか私が走るまで頑張ってねと伝えました。延期となった時は、正直それが叶わないかもしれないと悲しい気持ちになりました。しかし、曽祖母は今も頑張っています。宣告され1年が過ぎました。どうか私の勇姿を見届けてもらいたいと思います。また、佐賀唯一の姉妹BMXライダーとして頑張っていた私も2020年春に中学生となりました。コロナ禍で卒業式入学式は例年とは異なり短縮され寂しい気持ちでありましたが頑張っています。中学では陸上部に入り、聖火ランナーが出来ることがますます楽しみとなっています。皆の夢と希望を抱えて笑顔で走り抜けたいと思います。
(2021年用に書かれた文章です。)