聖火ランナー

宮下 忠三 さん

Chuzo Miyashita
走る日時
7月13日(火)

志望動機

大会組織委員会に提出されたものを、そのまま掲載しています。

東京都板橋区の地域情報「いたばしTIMES」をブログ形式で2015年から4年ほど個人で発信してきました。 継続しているうちに反響が大きくなり、直近2019年7月のアクセス数は75万PVを超えるまでになりました。 発信している内容は、板橋区の飲食店や地域イベント、板橋に関わる情報です。 実際に自分が体験したこと、単なる情報ではなく、そこに人の想いや温かみが感じられるような発信をすることにこだわりを持っています。 自分が板橋という地域を楽しむために始めた活動ですが、結果的に地域の人が板橋の魅力を再発見することに繋がり、「地域を楽しむ」輪が広がっていることに最高の喜びを感じています。 今回、板橋区にも聖火ランナーが走ることを知り、自分自身で体験することができたら、それを個人目線で発信し、地域の方に楽しんでもらえたらと思い、応募いたしました。
(2020年用に書かれた文章です。)
1年延期になったことへの残念な気持ちはありませんでした。むしろ、ワクワクできる時間が長くなったと、素直にそう思いました。 自分がやってきたことが認められ、聖火ランナーに選んでいただいたことは心の底から嬉しく思います。 でも、僕は聖火リレーのために何かを努力して選ばれたわけではありません。 それに比べれば、選手の方々の辛さはいかほどかと想像するだけで胸が張り裂ける思いです。 本当に辛い延期だったと思います。このオリンピックのために努力をして照準を合わせてきたわけですから。 コロナ以前はとにかく選ばれたことが嬉しかった。 でも、今は自分のことなんかよりも、この大会のために頑張ってきた選手の方々、楽しみにされている方々のために聖火リレーはあると認識できた気がします。
(2021年用に書かれた文章です。)