陸上

桐生小池決勝進出 | 男子100m | 第105回日本陸上選手権

陸上の日本選手権、男子100m準決勝の第3組。向かい風0.9メートルの中、桐生祥秀選手が10秒28で1着、小池祐貴選手が10秒30の2着で決勝へ進みました。一方、10秒03の自己ベストを持つケンブリッジ飛鳥選手は10秒44の5着で、決勝進出を逃しました。

2021年6月24日

全日本バスケットボール選手権(2020年)

全日本卓球選手権(2020年)

第47回全日本空手道選手権大会(2019年)

第73回全日本総合バドミントン選手権(2019年)

MGC マラソングランドチャンピオンシップ