「パラリンピックについて、視聴者にもっと理解してもらえると思う」

~英・チャンネル4のリポーター ソフィー モーガンさんに聞く、障害のあるリポーターがパラスポーツを放送する意義
2019年9月14日
写真:三上大進リポーター

イギリスのテレビ局チャンネル4のリポーター、ソフィー・モーガンさんは、18歳のとき交通事故にあって脊椎を損傷し、車いすで生活しています。

チャンネル4では、障害のある人がパラスポーツを取材することで、パラアスリートの魅力などをより深く伝えようとしてきました。モーガンさんに、パラスポーツへの思いを聞きました。三上大進リポーターの取材です。

三上大進

三上大進(みかみ・だいしん)

1990年10月20日生まれ 東京都出身 左上肢機能障害 【資格】日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ、TOEIC900点 【趣味】ショッピング、映画鑑賞、スキンケア 【スポーツ歴】スキューバダイビング、テニス 【メッセージ】パラスポーツを観たことはありますか?個性豊かな選手たち、向き合う障害、想像を超える競技…。知るほどに心が震える瞬間を1人でも多くの方に体験して頂けるように、ときめく熱いリポートをお届けします!

おすすめの記事