競泳の最高峰を目指している吉田櫻子選手

競泳 2017年12月20日
競泳の最高峰を目指している吉田櫻子選手

今回取材したのは、「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」というアスリート発掘プロジェクトで才能を見出された吉田櫻子選手。

吉田選手は幼稚園の時から水泳をしており、知人から紹介してもらって「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」に参加しました。

今は地元の市民プールと関西大学高等部のプールを借りて練習しています。

そんな中学2年生吉田櫻子選手を取材しに、大阪府高槻市に行ってきました。

吉田選手に会う前に松村湖生コーチにインタビュー。

インタビューの様子

身体障害者を教えるのは初めてだそうです。
すごく楽しみに感じている様子でした。
そんな大人が増えたら、障害者のスポーツも変わると思った千葉です。

トレーニング中の吉田選手

吉田選手は足が不自由でつま先で歩きます。
バタ足が苦手な彼女が足を頑張って思いっきり動かしていました。
練習している姿を見てとても新鮮な気持ちになりました。
吉田選手にはみんな応援したくなる要素があります。

それはどういうところか?吉田選手にインタビュー!!!

インタビューの様子

すごくかわいいというのが私の第一印象でしたが、
話していくうちにかっこいいと思えたんです。

吉田選手は言いました。
「どんなかたちでもいいから2020パラリンピックに関わりたい」と…。
もちろん選手として2020パラリンピックに関わりたいと言ってました。
応援していきます。

集合写真

最後にみんなでパシャリ。

頑張れ吉田選手!吉田選手頑張れ。
と思わず声を出しちゃいそうになるくらい彼女の明るさは人を元気にさせました。

千葉絵里菜(ちば・えりな)(23)

北海道出身 脳性まひ(電動車いす使用)

【趣味・特技】歴史 ファッション 初級障がい者スポーツ指導員
【スポーツ歴】電動車いすサッカー、電動車いすスラローム、車いすカーリング
【抱負】リポーターの仕事を通して、視聴者のみなさんに障害者のことをもっと身近に感じてもらい、人々の意識が少しでも変わるきっかけが作れたらいいなと思います。
若者たちに、障害のあるなしに関係なく、できることはたくさんあると伝えたいです。
常に笑顔で頑張ります。

おすすめの記事