大進の徒然日記 in 浅草

2018年5月2日
浅草寺雷門前で撮影

連日夏日が続いていますね
こんにちは!
冷房による乾燥と悪戦苦闘中、大進です。

さて、暑くも楽しい大型連休✨
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

恋にまつわる予定が一切合切ない私は、
運命のイケメン探しを一旦お休みして。

スーパーで色々な種類のヨーグルトを大人買いし、
自分に一番合う、運命の乳酸菌探しに。
この連休はもっぱら熱を注いでいます。

・・・

さて、昨日放送だった「 首都圏ネットワーク
『いってみよう いってみたい』のコーナーで
ちょっと意外な浅草の魅力に出会ってきました♩

浅草寺雷門前で撮影

△まずはおなじみ!雷門で浮かれる私

浅草寺を抜け住宅街をお散歩していると・・・

瓦割(かわらわ)り体験ができるカワラナ前

見つけちゃった!
瓦割(かわらわ)り体験ができちゃうお店!

「絶対にやってみたい。(真顔)」

圧倒的運動神経の悪さで知られる私の中に眠る、
大和魂がうっすらと目を開いた瞬間でした。

「やめた方が…」諭すスタッフの声も届かず。
気付けば10枚の瓦が積まれていました。

△完全に腰を抜かし何かを祈る様子

目の前で女性が14枚割っていたのを見て
すっかり気持ちが大きくなっていたワタシ。
「やります(初心者用の5枚コースにしておけば…)」
否。ここまで来たら、後には退けない。

いざっ!!!!!

瓦割に調整

さて結果に関してですが、たった3枚でs
写真で全てをお察しくださいませ。(ぐすん)

人生初の瓦割り体験
突き破る時の快感は言葉にできません!
3枚だろうと14枚だろうと、
あのスキッ♢とする気持ちは変わらないはず

・・・

そして初めて生で浪曲を聴く体験も。
独特な「節」がとっても楽しくて、
耳を澄ますと、物語もきちんと理解できます。

「ハマりますよ^ω^」

そう声を掛けてくださったお客さんの
不敵な笑みの理由が、今は分かります。

ストーリー語り口
ふとした瞬間に思い出しちゃっています。笑

浪曲を体験

△悲しいシーンで思わず寂しくなっちゃう私
教えてくださっているのは日本浪曲協会の富士路子会長

・・・

そして最後に!革靴の甲を作っている
奥浅草の靴工房にお邪魔しました。

通称「革靴の街」とも呼ばれるこの辺りでは、
ちょっと歩くと、靴屋さんがすぐ見つかるの!

靴が大・大・大好き♡な私にとっては、
物欲が渦を巻く、非常に危険なエリア…!

靴工房での写真

△この道60年!職人の松崎昌治さんと

今は職人の数も減ってしまったそうですが、
伝統を守るため工房見学会を開催するなど、
バトン渡しに熱心に取り組んでいます。
・・・

さて、すっかり徒然と書いてしまいました…
意外な浅草の魅力、少しでも伝わっていたら、
とっても嬉しいです:)

そして他にも「ここがだよ!
という、行ってみたい情報があれば、
是非コメント欄で教えてくださいね♪

スタジオで撮影

爽やか田所アナウンサーお美しい合原アナウンサー
(そのあいだでニヤつく私)

大型連休もいよいよ後半!
みなさまどうぞ、楽しくお過ごしくださいね♪

*前回のコメントは次記事でお返事させて頂きます!

三上大進(みかみ・だいしん)(27)

東京都出身 左上肢機能障害

【趣味・特技】日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ、TOEIC900点
【趣味】ショッピング、映画鑑賞
【スポーツ歴】スキューバダイビング、テニス
【抱負】目の前の壁を壊すのでは無く、その壁を飛び越えて行けるように。
きっとそれが当たり前になっていく2020年に向け、自分らしいカラーでパラスポーツをはじめ、さまざまな出来事の“ときめき“を伝えていきたいです!

おすすめの記事