車いすテニス

決勝の舞台で選手自ら!ボランティアと一緒に雨でぬれたコートをふく | 車いすテニス クアードダブルス決勝 | 東京パラリンピック

ハイライト2分でわかる

車いすテニス、クアードダブルス決勝の試合は、降りしきる雨で試合の中断を余儀なくされた。ボランティアがコート整備をするなか、オーストラリアのディラン・アルコット選手が自らタオルを持って、ぬれたコートをふくのを手伝った。ペアで銀メダルを獲得したアルコット選手に、称賛の声が寄せられた。2021年9月2日

動画を探す

※組織委員会から送られてきたデータをもとに表示しています。